日々汲々、庵田の日常雑記 ~産業遺産とか、近代建築とか。~

ウェブサイト産業考古学研究室(地域文化博物館・高炉館)管理人の庵田が、日常の愚痴と地域情報、近代化遺産の存廃動向などについて、気分に応じて書きつづります。約2年の沈黙期間を経て、ぼちぼち復活します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

意外と余裕ない?

盆が終わり、ぼちぼち論文モードになりつつあります(挨拶)。
まあ、博士論文書かなきゃならんってのは間違いないのですが、それ以外にも執筆しなきゃならんものもいくつかあるわけで。出版企画とか、講義資料とか、シンポジウム用pptファイルとか、大学合宿用の申請書類とか(困)。
でも、、、(おそらく最後の)夏休みですから、行きたいところあるんです。犬島とか、軍艦島とか、四阪島とか(もう、無理難題レベルばっかり!)。
そうなると、、、スケジュールを厳しくするしかないですよねぇ(誰彼ともなく問いかけ)。

ということで、びみょーにブログ更新頻度が遅くなるかもしれません。誰も期待してないとは思うんですが、そういう事情ですので、申し訳ございませんが、宜しくご理解願います(礼)。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/08/18(月) 23:51:25|
  2. 大学院生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20代末年の抱負

書かんでも良い、といわれても、さすがにこれ以上ブログ更新間隔を空けると、もう書かなくなりそうで、、、(挨拶)。

ということで、諸々の懸案をある程度片付けつつ、また無理難題が降りかかってくる8月の到来です。お・そ・ら・く、また論文の校正→修正稿提出という事態が待っているものと思われます。あと、出版企画の執筆作業(取材込み)も待ちかまえています。お金も底をつきつつあります(泣)。
そんな不安と悲しみで一杯の20代最後の8月、ちょっとここらで抱負でも述べておきたいと思います。
1.著書3冊出版
、、、抱負でも何でもありません。ごめんなさい。この仕事が待ちかまえている、ということです。共著なので、そんなに(『福岡の~』よりは)大変ではないと思うのですが、博士論文の作業とかぶるのが、辛い。
2.D論提出
、、、あああぁ、、これも抱負ではない。「出さなきゃ生きていけない」レベルの話です。ごめんなさい、ごめんなさい。
今年度で貯金を食いつぶすので、どこかに雇われる(あるいは仕事が降って湧いて出る(←そんなことはない!!))ため、必須不可欠の成分となってます。ちなみに、NPOでは食い扶持もまともに稼げません。
3.こころの穴を埋める
基本生活環境に、華がない(金もない)現状下、メルヒェンを語るレベルに過ぎないと自覚してはいます。つーか、数年も前の色々なトラウマに引きずられすぎるのはやめたい。無理っぽいけど。
4.はやねはやおき
知り合いで、特に長電話をする方々に限って、午後11時過ぎに電話をかけてきます。いや、まあ、起きてますけど、やはりあまり健康にとって良くないな、と今日は特に思う次第で。
5.おさけはほどほどに
呑まなくても良い心理環境や人間関係を築けば自然とどうにかなるはず、、、いや、無理。フォントで他に負けてるし。
6.自分のための読書の時間を増やす
やっとまともな抱負が、、、。最近、研究生活10年近くなってようやく「苦手な本や味のない堅い論文でもいやな顔せず読めるようになった」というスキルを手に入れたので、これを最大限に活かしていきたいと思います。
もう一つのハードル「論文を読む時間をいやな顔せずに作る」をクリアすることがもっと大事なのですが、ううむ。

つらつらと書いてみましたが、あんまり、人に見せるものでもないな、と今更ながら思う次第で。まあ、このブログは心の安定を図るためのものなので、こういったところは多少目をつぶっていただければ、と。いや、もう読まなくてもいいかな、と(どっちだ!)。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/08/04(月) 08:47:13|
  2. 大学院生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

頭の痛くなる作業は、勢いで仕上げよう!

論文修正稿が出来ました(挨拶)。
セメント工場見て、帰って、そのままパソコンの前に数時間作業に没頭。他にやった作業といえば、水分補給のために席を外すくらいで、そんなこんなで朝になりました。やっぱり文面の修正は3時間くらいでは終わりませんでした、、、、。
なんだか眠いような、そうでもないような、不思議な気分です。
後やらなければならない作業としては、査読に対する回答書の作成ですが、これについては、本文修正ほどきつくない、、、はずです。とにかく「指摘通り修正しました」と書けば良いんですから。多分。
日の出を迎えてからあんまり頭が回らなくなったので、回答書についてはやっぱり少し寝てから、書くことにします。

追記:回答書も完成しました。さて、後は出すだけですが、担当教官からのダメ出しが少々怖いですね、、、。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/07/21(月) 06:01:16|
  2. 大学院生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それは、自分と向き合い、欠点を直すことに似ている。

今月丸々の作業になりつつある、論文修正の話です(挨拶)。
図表の追加を行う際、当初作成したデータとの差分を考える必要があり、がりがりと修正していると、
「はて、これを作っていた時の自分は、鉱業施設に対して、どういう認識をしていたのだろう?」
とか、
「あ、完全に考え違いをしていた! これはまずい!」
とか思うことが多々あります。
そのときに考えていたことと、今重要に思っていることが、たった半年弱にもかかわらず、意外と異なっていることがあるわけです。不思議です。
なんとか修正作業を進めているうちに、自分自身と対話しているような、おかしな感覚にとらわれます。なるほど、論文修正とは、内省的な作業であり、座禅の心境にも似ているのかも知れません。

、、、そうこうしているうちに夜が明けてきました。いや、さすがにもう寝なきゃなぁ。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/07/19(土) 04:54:17|
  2. 大学院生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

完全にスランプです。

論文訂正稿の提出がうまくいきません(挨拶)。
指摘部分が多いってのもあるのですが、自分の中でどう修正しようという考え方とか、あとノートパソコンがが完全に故障して修理に30k円かかることとか、そういった不幸ごとが無駄に影響しています。
予定提出期日から一週間経過、、、いくら何でも、ちょっと、まずいです。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/07/14(月) 22:03:18|
  2. 大学院生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
前のページ 次のページ

プロフィール

iota

Author:iota
北は下関あたりから南は田川まで、近代化遺産の歴史調査から保存活用まで何でもやりますやってます。その正体は、じゃーん、無給NPO理事兼非常勤講師兼パートタイム研究員(長い)。
現在、本格勤務前のアイドリング状態。ブログでは現在までに至る自分の遍歴について、若干主観的に紹介しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者記録

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。