日々汲々、庵田の日常雑記 ~産業遺産とか、近代建築とか。~

ウェブサイト産業考古学研究室(地域文化博物館・高炉館)管理人の庵田が、日常の愚痴と地域情報、近代化遺産の存廃動向などについて、気分に応じて書きつづります。約2年の沈黙期間を経て、ぼちぼち復活します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

折尾のこと、つれづれに。

各方面には若干言及している折尾での歴史的建造物についてどうするか、という問題について内輪の発表会で話してきました(挨拶)。
そこで言われることが常に予算、予算。確かにそれは大事なのですが、よりよいまちづくりに、効率のみが重視されるってのは、問題ではないですかね? とここで愚痴っておきます。
何はともあれ、歴史的建造物はなかなか遺しにくい(地元に理解されづらい)という現状から、ものを保存するという事はすなわち、まちの歴史を大事にすることであり、それは地元を愛することやお年寄りを大切にするという基本的な道徳を育てる上で重要なのだという方向に持って行きたかったのですけど、、、。
一事が万事ものにかかる予算と折尾駅舎解体までのリミットが迫る中で、そのものをどうやってどの部分を遺すか、といった個別論に終始してしまいました。まちづくりの中で「歴史的建造物部会」という名称自体に問題があったのかも知れません。まあ、そこまで言及できる情勢下にはなかったわけですが。

orio-nishitstsuarch1-m.jpg

ということで、私が一番気に掛かっている旧西鉄折尾高架橋を写真に載せます。時間も足りない、理解もされづらい、そして私が最年少の中で、自分の意見をしゃべりすぎてもにらまれるし、、、
私が個人で出来ることはあまりにも、少なすぎましたね。何とも、悔しいと言うほか、ありません。後年の皆様に笑われることの無いよう、これから出来ることをやるしかないですね。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/15(木) 22:52:21|
  2. 近代化遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<呼ばれることは光栄ですが、 | ホーム | 論文発表で「叩かれる」事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kindaikaisan.blog116.fc2.com/tb.php/382-775e52c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

iota

Author:iota
北は下関あたりから南は田川まで、近代化遺産の歴史調査から保存活用まで何でもやりますやってます。その正体は、じゃーん、無給NPO理事兼非常勤講師兼パートタイム研究員(長い)。
現在、本格勤務前のアイドリング状態。ブログでは現在までに至る自分の遍歴について、若干主観的に紹介しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者記録

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。