日々汲々、庵田の日常雑記 ~産業遺産とか、近代建築とか。~

ウェブサイト産業考古学研究室(地域文化博物館・高炉館)管理人の庵田が、日常の愚痴と地域情報、近代化遺産の存廃動向などについて、気分に応じて書きつづります。約2年の沈黙期間を経て、ぼちぼち復活します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しばらく休止。

ことある事に、拙ブログの目的については、「私自身の精神的安定を図るため」という大義名分(にはならない)を掲げ、ここまでやってきました。
しかし、ここ最近、「愚痴を言うのはやめろ」というご意見や「その悩みは浅はかだ」とご意見をいただくことがあります。
こういっては何なのですが、私は叩かれて育つタイプではありません。かえって落ち込み、現在ある仕事に大きな影響を与えるパターンが殆どです(でなければ、ヤケ酒呑んで憂さはらします)。そのご意見が逃げ場を持たなければ持たないほど、精神的な落ち込み期間が長くなるのです(ヤケ酒を飲む金もありません)。そしてその事象は、博士論文執筆中に頻繁に起こしたくないのです。
日常の困難なところ、厳しい時局を乗り切るために「王様の耳はロバの耳!」と愚痴るため運営してきた拙ブログですが、かえって自分を追いつめる結果になることが増えてきました。せっぱ詰まっているとき、人間は相手に配慮する、思いやると言うことが出来なくなるのでしょう。そう感じる自分が嫌いですし、哀しくなりますし、一番の怒りを覚えます。
それでも、このままでは愚痴を書くことしかできませんし、それに対して反発のご意見を頂けば、いわゆる「負のスパイラル」に陥ることは必至です。自傷したくはないので、自分としては、きわめて残念ですが、ひとまずこのブログを「休止」させていただきます。
本サイト「地域文化博物館・高炉館」については、余裕が出来次第更新しますし、別ブログ「北九州・福岡の近代化遺産のつくりかた」については、(こちら更新しない分だけ)もう少し更新できると思います。ただ、Web上では愚痴を言わなくなる、そういうことと認識してください。そして、現実世界でお世話になる方、多少顔色悪くなります(質も悪くなる?)が、ちょっとはご勘弁下さい。
それでは、少しでも良い方向に自分を導くことが出来るまで、しばしお別れです。それでは、また。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/09/29(月) 22:40:20|
  2. 雑談とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと油断すると、ダークサイドに落ちるな、、、

とてつもなく愚痴にしかならない記事を書き込んでしまったので、さっさと消しました(挨拶)。
どうも、、、あれですね。人間お金が無くて暇もなくなると、せっぱ詰まってどこかキレやすくなるんですね(苦笑)。そもそも、普通の人間ならば、どちらかひとつの状態にしかならないはずなのですが、、、なんかおかしくないか?
とにもかくにも、ボランティアの追加オーダーは来年4月まで一切受けません。交通費がないからです。本当にもうすみませんと言うほかありません。資金確保のため、報酬のある依頼しか受けられなくなりました。
、、、これからまだ書くと、まだ愚痴になってしまうので、本日はここまで。あーちかれた。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/09/25(木) 23:40:08|
  2. 大学院生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

機械学会技術と社会部門見学会

先週末案内してきました(挨拶)。
数日間更新が空いてしまったのには、ただ、疲労困憊してしまったというきわめて個人的な事情があったからで、、、はい、すみません。
それでは本題に入りましょう。土日にかけて日本機械学会技術と社会部門の研究発表会と見学会が行われましたが、そちらのガイドを行ってきました。普段と全く興味関心が異なる方々なので、もう大変! 普通にしゃべくりすればなるとかなる、という話じゃありませんし、、、インバータとコンバータの見た目の違い? 分かりません! 電話交換機の仕組み? いや、説明できません!!
seiteiki
そんな見学会の目玉のひとつがこれ。米ナショナル社の製釘機です。基本構造は現在使用されているものと変わらないところが、凄いですね。
お昼は見学をかねて門司赤煉瓦プレイスで摂った後、午後は門司港レトロ地区の見学です。ここでも、機械学会ならではの見学場所を指定しました。
denwakokanki
NTTの門司電気通信レトロ館に保存されている機械式電話交換機です。普段は絶対に見せてもらえないものですし、見学された先生方も「名前は聞いたことがあるが、実物は初めて見た」と興奮しきりでした。
うむ、やっぱり機械遺産は面白いです。説明したくはないがな!
次の日も一名様ご案内、さらに翌々日もう一つ個人的にいろいろあって、そんなこんなでもう疲れました。今日はしっかり寝ます。

テーマ:■*福岡県 北九州市*■ - ジャンル:地域情報

  1. 2008/09/24(水) 19:42:54|
  2. 近代化遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

文章撫で切り大爆走(広島-小倉)

訳が分からないスケジュールが続いたまま本日は早朝から建築学会に出席いたします(挨拶)。
開催場所は、悪夢の広島大学東広島キャンパス。広島駅から、どう考えても1時間余計に時間がかかる、面倒なところです。良いところがあるとすれば、酒所西条が近くに控えている所くらいでしょうか。カップ酒が楽しみだ。
でそんなところに行かねばならんのに、日付が変わるまで起きているのには、少々訳があります。例の『肥薩線の近代化遺産(仮)』の原稿を仕上げなければ、そろそろ(スケジュール的に)死んでしまうからです。
今回、大幅に手間取ったのには、それなりの訳があります。「機械遺産」が執筆項目に入っていたからです。
私、専攻が建築かつ出身が考古学という特殊事情もあり、近代化遺産に関わるたいていの分野には興味関心を持っていますし、だいたいの素養も積んだつもりではあります。それでも「得意度」というのはあるもので、
地域史(北九州)>建築系都市計画>建築史>土木史>機械技術史
といった順番によって執筆時間が大きく異なります。
八代の方の原稿は、土地勘も若干ある(母方先祖はやっちろ人)ものですから、何とはなしに書くことも出来ますが、鹿児島側の原稿は、自分自身に地域の成り立ちや周囲の産業といったものに関する基礎情報が染みついていないものですから、もう書きにくい書きにくい、、、。
し・か・も私の担当項目、よく見たらSLとか入っているじゃないですか! 私、鉄道土木大好きですけど、車輌はちょっと、の人間ですから!! 分かりません!!!
、、、とは絶対に言わないのが私です(苦笑)。ちゃんと生半端に勉強させていただきました。今回、「門デフ」について初めて理解できましたよ。機械類は、仕組みを理解できれば結構おもしろみが増すので、本の中で書きやすいんですよねぇ(理解するまでが大変だが)。古い写真から比較材料も見つけたし、いやあ、良かった、良かった。
で、とりあえずこの件は終了。博士論文準備が出来そうになってきました(ちゃんとやれ)。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/09/19(金) 01:35:33|
  2. 大学院生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

色々な意味で、綱渡り。

スケジュールについては、言うまでもありません(挨拶)。
今週末の学会発表の費用捻出とか、機械学会見学会前後の対応とか、来月の福岡市赤煉瓦文化館イベントのプレッシャーとか、カルチャーセンター講義向けの準備とか、肥薩線の近代化遺産原稿執筆とか。
そして、博士論文本文の執筆時間の確保が恐怖しきりの今日この頃です(毎回ブログに予定を書き出しているのは、自分自身遊ばないようプレッシャー維持のため)。
このため、本来ならば誘致したかったまちかどの近代建築写真展(門司でも博多でも、どっちでも出来る。今の繋がりならば!)や『筑後の近代化遺産(仮)』準備、サイト更新にまでとても×3、手が回りません。いや、本当に準備したかったんですよ?
更にもう一つの、恒常的な問題。ここでまたまたやって参りました、資金源の確保です。とりあえず、来年初頭までは保たせるよう何とかやっているつもりなのですが、これだけやって来年晴れて無職、とか言う事態になると、社会的な要望に自分自身が全く応えられなくなる(交通費捻出できず、とか)訳です。
来月以降、ガイドやワークショップ講師を何とはなしに引き受け、当面をしのぐ公算にしています。
来年? 知りません。 論文? 食いつなげれば、いつかは確実に出来るでしょ?(半分キレ気味)

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/09/18(木) 00:10:36|
  2. 大学院生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TM社よ、私にレジストリ操作までやらせるなよ、、、

パソコンの操作、という曖昧な定義においては、それほど苦手ではない方だと思います(挨拶)。
が、学部生時代のように丸一日パソコンの組み立てやら、ネット巡回やらやって許される状況ではない昨今、トラブルの回避は必須です。
然れども、私のメインパソコンは稼働4年目に突入しようという、結構なロートル(HDDは既に換装済み。足回りが古いんですな)ですので、ちょくちょく問題が生じます。困りものです。
今回はウイルス駆除ソフトが苦情を起こしました。バージョンアップがうまくいかないばかりか、インストールの途中で止まる、前のインストール状態がレジストリにのこり、それがトラブルを起こすという、、、まあ、一言でいえば、非常に面倒な状態に陥りました。
ほったらかしにしてしまえば、それはそれで問題はなさそうですが、ウイルス対策のないパソコンを鼻歌唱いながら操作できるほど、私はのーてんきでも度胸が据わっているわけでもないので、用事をそろそろ済ませながら、対策を練っているところです。
、、、用事が詰まっているときに限ってこういう事ばかり起こります。ええ加減にして貰いたいです(何にだ!)。

テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/09/11(木) 06:13:05|
  2. 雑談とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クリエーター能力が落ち込んでいる、、、

急に用事を詰め込んだり、ちょっとスケジュールがきつかったりすると、その後数日間のモチベーションが急降下します(挨拶)。
で、そういうときはとにかくパソコンに向かって継続して作業しないと、本当に何もしなくなります。9月というのは、大学の人間にとってそういう魔の時期と言えるのかもしれません(や、これは私だけか)。
やるべき事は分かっているんですが、
・本の執筆原稿のまとめ
・単発講義用pptとりまとめ
・イベント見学会用案内文作成
・継続講義用ppt+レジュメとりまとめ
あ、忘れてた。・博士論文とりまとめ。
、、、書き連ねると、これまたモチベーション、下がるなあ(困)、、、
つまりは、これが私がまともな職に就かない(就けない?)大きな動機ではないかと思うのですが、、、あれ? いや、会社勤務時代はまともな時間帯に一定して働いていた気も、、、
よー分からなくなってきました。ま、頑張ります。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/09/09(火) 01:39:20|
  2. 雑談とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行成果物いろいろ(その2)

本当は、掲載していないところ含めかなり色々見に行ったのですが、あまりまとめるのに時間かかると、予定に影響があるので、、(挨拶)
ということで、今回は8月の旅行見学記後編です。先ずは今回の目標値のひとつであった鞆の浦から。
tomonoura
鞆の浦、観光客が年間170万人も来て、また架橋問題で景観の破壊が問題視されているところ。都市を研究する人間にとって一度は行かなければならないところでしょう。で、行ってきました。
はっきり申し上げますと、目玉がない観光地、と言えるのかもしれません。~~は見るべき! と言えるポイントが、、難しい。海に面した高灯籠はチェックポイントでしょうが、それ以外に見るべきは、その古くからの街並み、という不思議さです。景観を売りにした観光地、と言うことなのでしょう。確かにこれで橋が出来たら、この地の観光業は壊滅するでしょうね。
ただ、それと同時に地域の通過交通量が半端でないことも間違いありません。観光地として今ひとつ第一級になりきれていないのには、地域内を通過する車が多すぎて雰囲気が台無しになっている側面もあるのでしょう。
だから橋を架けるべき、という意見には同意する面もあります。が、景観保護派が提案するトンネル案でもいいのではないか、とも思います。資金的な問題は、観光業の方々(個人では無理ですので、組合形式で分割償還するかたちも有りでしょうね)が一部資金を負担するなどという妥協策も考えられるのかもしれません。

今回全く見学予定になかったところで注目に値したのは、やはり生野銀山でしょう。観光鉱山化されている坑道の広いことも面白かったのですが、現在も鉱山関連会社が地域内で生産活動を行っており、鉱山時代の施設が現役で使われている所におもしろみを感じました。
ikuno-ginzan
時代の連続性という意味では、石見銀山以上のポテンシャルがありそうに思いますが、、、さてどうでしょうか。
各種成果物に関しては、いずれ近代化産業遺産総合リストにて公開する、、、はずです。前回の成果も公開できていないので、だんだん自信なくなってきましたが(苦笑)。

テーマ:中国・四国 - ジャンル:旅行

  1. 2008/09/05(金) 15:02:42|
  2. 近代化遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行成果物いろいろ(その1)

今回の旅行成果物をまとめていたところ、無理して出かけた結果貯金が底を尽きかかっていることが判明いたしました(挨拶)。
今年のこれ以上の遠出は、無理ですな。まあ、ちゃんと論文まとめろと言うことなのでしょう、、、。
とまれかうまれ、今回は旅行の成果物紹介と行きましょう。まず最初は「噂の」餘部橋梁です。もう既に架け替え工事が始まっていました。
b-amarube
この景色が見られるのもいつまででしょうか、、、できれば、架け替え完了後でも現位置でそのまま保存して貰いたいと思うのは、私だけではないと思います。

mitsuishi-brick
こちらの写真、興味関心は分かれるかと思います。煉瓦好きには注目の聖地のひとつ、三石耐火煉瓦の本社工場です。
周囲では現在でも煉瓦建築が作られており、煉瓦の町を前面に出したまちづくりが進められている雰囲気がひしひしと感じられました。
とはいえ、集客施設があるわけで無し、観光化できるかどうかと言われれば、まだそれは、、、といわざるを得ません。斬新なまちづくりの手法が試されるところでしょう。

テーマ:中国・四国 - ジャンル:旅行

  1. 2008/09/04(木) 18:21:03|
  2. 近代化遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

講師、やります。

別に職を得ましたとか、そういう景気の良い話ではございません(挨拶)。
この秋、10月より朝日カルチャーセンター北九州校で近代化遺産についてしゃべることに相成りました。
http://www.acc-fk.com/kitakyu/topic.htm
(参考URL。4番目のトピックスに掲載してあります。)

これまで単発の講義といったものはよくやっていますが、これほど長丁場なのは初めてなので、少々緊張します。
しゃべりはいつもの通り、ひたすらぺらぺらとやる予定ですが、さて、ここでまた問題が。
私、しゃべりの調子が早いので、90分講義だとpptファイル60枚くらい作らないと、間が持たないんです。
今回の講義は、ひとつひとつの物事に対してじっくりと説明するので、話題自体に困ることはないと思うのですが、、、ほら、作成時間が大変なことに!
んなもんで、10月半ばからの講義にもかかわらず現在作成を鋭意進めています。本当は博士論文の執筆だけに力を入れたいところではあるのですが、、、まあ、致し方なし。
論文は、、、一応形は整ったので、秋に提出できるよう、頑張ります、、、まだ審査が待ってるんですけどね!(困)

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/09/02(火) 03:42:45|
  2. 近代化遺産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

iota

Author:iota
北は下関あたりから南は田川まで、近代化遺産の歴史調査から保存活用まで何でもやりますやってます。その正体は、じゃーん、無給NPO理事兼非常勤講師兼パートタイム研究員(長い)。
現在、本格勤務前のアイドリング状態。ブログでは現在までに至る自分の遍歴について、若干主観的に紹介しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者記録

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。